Sakura&Co Q&A

 

ota.png

 

Q.1 Sakura&Co.としてデビューするまでの簡単なプロフィール的なものを教えてください。

A.ビクタースタジオでアシスタントエンジニアを経て、レコーディングエンジニアとなる。2002年にはDJ/プロデューサーの井出靖とLonesome Echo ProductionとしてアルバムSILVER OCEAN(V2)をリリース。 2008年1月にリリースされた「TOKYO LUXURYLOUNGE 3」にyoko ota名義でソロ作品(DAISHI DANCE Remix)を発表。以降、名義をSakura&Co.にし、「Love!Stevie」などのコンピレーションを中心に楽曲を発表。



Q.2 デビュー・アルバムのコンセプト、また内容について教えてください。

A.コンセプト:
PianoやStringsが美しい曲から、BlazeのJosh Milanによるヴォーカルとコーラスワーク、と聞かせどころのある曲まで、しっかりとしたサウンド作り。自分が聞きたいものというコンセプトのもと制作しました。



Q.3  太田桜子としてレコーディング・エンジニアとしても活躍されていますが、代表的な作品をいくつか教えてください。また自身のアルバムでのエンジニアとしてこだわったところも教えてください。

A.代表的な作品:
UA/ミルクティー
つじあやの/はじまりの詩
Bahashishi/COLOR of LIFE
Caravan/Luck and Pluck
こだわったところ:
低域の質感。


Q.4 今後の活動予定をお願いします。

A.次のアルバムに向けて制作を開始する予定です。